2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
大切に
20071118091903
誕生日おめでとう。
27歳ですね。
・・・・・でもまだ27歳って気もするし、
26だったことを考えればもう27かぁとも思います。


准くんの芝居への情熱とかこだわりとか、
真摯に取り組んでいることとか、知ってたことは
知ってたのに、最近驚かされっぱなしです。
私が気付いてなかっただけというよりは
私の受け止め方が変わったのかもしれません。
でも絶対に私の変化だけではなくて、
准くんの変化もあるんだよね、きっと。

エスピーが決まったときに、アクションもので
笑いありっていうから、単に楽しみでした。
でもメディア側も准くん自身も、なんだか
ハードルをあげていくから心配になっちゃって。
だけど私個人だけでなく、数字的に、一般的に、
満足のいく結果が出て、私はつくり手でもなんでもないけど、
いろんな意味で安心しました。同時に、
そのこだわりや情熱を自己満足で終わらせずに
結果を出している准くんがかっこいい、と思った。

今までだって准くんを含めた、つくり手側のことも
意識して作品を見ていたつもりなのに、
エスピーを見てから、もっともっと
つくり手側に興味深くなりました。

これはエスピーが始まる前の話なんですが・・・
花よりもなほのDVDを発売日に買ったのに
開封してなかったんです。本編もまだ記憶に
新しかったし、もったいなくて(笑)それで、
急に淋しくなったり悲しくなった時に、
オーディオコメンタリーやインタビューを見てみました。

人のこだわりって理解するのが難しかったり、
「言われてみないと気づかない」ことがあったりして
でも決して馬鹿にしてるんじゃなくて、
すごすぎて自分にはできないようなことだったり、
深いなぁ・・・理解したいなぁ、私はまだ青いなぁ、
ついていきたいなぁと私は思ったりします。

公開当初に雑誌でも読んで、オーディオコメンタリーで
改めて聞く、准くんのこだわりが、正直にいうと
ちょっと前までは岡田好き目線で見ないと
わかりづらいようなところもあったのに、
気付いたら作品のなかの一つ一つを尊敬の眼で見て、
一つ一つ理解して大切にしている自分がいました。
なんか、自分で自分が准くんを好きなことを
忘れて、ひとりの演者さん、役者さんの
ファンになっているような感覚。
ほんとうに、目の前にいる宗左さんを見て、
「だれだろう、このひと。あ、岡田くんやん。」って
思ってしまいました(笑)。


ブログを始めた当初に、「岡田准一という役者が
好きで人間として尊敬してますぅ」なんて
言ってましたが(当時も本気でそう思ってたけど)
最近はもう俳優とか役者とかじゃなくて
もののつくり手側として、表現者として尊敬します。
ほんとに、すごいなと思います。一瞬、本気で
「人間国宝にしたい!!」って思ったくらいです。
今までは「岡田くんheart-pink」っていう感じの時が多かったのに、
最近はもう俳優にも見えなくなってきて、
職人にしか見えなくなってきました(笑)

なんか、なんとな~くなんですけれど、
今まで准くんが芝居について話していた話のなかで、
言ってることはわかるけど難しかったり
深すぎる・・・・・と感じていたこととかが
フツフツとわかるようになってきたんですね。

それから、私のなかの
「私は岡田准一が好きだ!と公言できる度」が
かなりアップしました笑

つぎつぎと新しいなにかを見せて、そして
魅せてくれる准くん。本当に頼もしい人。
だから、「陰日向に咲く」会見時に
「チャレンジ的な演技の仕方をしています」と
言っていたのが今になってすごく楽しみ!


「プロかクリエイティブか」なんてよく
云いますけど、私はこの2つの定義とか
境界線が難しいなって感じていて、
この人はプロだ、あの人はクリエイティブだと
位置付けるのは得意ではありません。
でも、「仕事人」と「質」という云い方に
置き換えてみると、岡田准一という人は
どちらも兼ね備えた人間なのではないかなぁと
最近私は感じるようになりました。

准くんの誕生日なのに私の感想日記みたいに
なってしまいましたが、
(実はここ何日か体調が優れなくて、心のなかで祝おう
と思ってたんですがなんだかすっきりしないので誕生日
ということを特に意識せずに(ていうか意識できてない)
11月17日に想っていることをつらつらと打っている私です。笑)

私は准くんを好きになったことを通して
いろいろ感じることができて、シアワセです。
今までも准くんに教えてもらうことや
考えさせてもらうことや機会があったけれど
芝居やものづくりについてこんなに
考えさせられたのは最近がはじめてです。
そしてこれはまだまだ序の口で、奥深い
未知の世界なのだろうなと、嬉しい覚悟を
している今日この頃です。


准くんが20歳でやめようと思っていたという話は
ここで一切触れたことがありませんでした。
初めて知った時はびっくりしたけど、
「そんなこと言わないほうがいい、言わないで」
という波もあるなか、私はそうは思わなかった。
たぶん事務所の偉い人にも注意されたんだろうな(笑)

今考えると私なにも考えてなかったのかな(笑)。
そのときは結果論かもしれないけど、わたしは
“別にいいじゃん。それより、えらそうだけど、
今の准くんを見てると、やめなくて准くん自身の
ためにもよかったね”って思った。
だってすごく生き生きしてたし、してるから。
今は、准くんが20歳でやめてたら、
こんな作品や人の想いに出会えてなかったのかな、
私はこんな想いを抱けなかったのかな、
一つの作品をこんな視点で見れなかったのかな・・・
と思うと、本当に続けてくれてありがとう、
よかったと心から実感しています。
(准くんがいなくなっても将来的にできてた
かもよと言われると言い様がないけど笑)

准くんのいる立場としていうべき発言なのかと
問われることもあり、すべて言えない
ということもあると思うけれど、
でもわたしは少なくとも、そうして
自分に正直に生きてる准くんが大好きなんです。


最後に。いろいろと話しましたが、
だからってわたしのなかで准一さんは
職人や俳優としてだけの存在ではないんです。
最近、元気がなくなったときや夜中余計なことを
考えてしまって寝れない時に、キャッツの
メイキングDVDやその他准一さん出演番組を
見ていることに気付きました。
はじめは岡田くんの内面的な魅力を知りながらも
岡田くんかっこいいなんて言ってましたが、
今はわたしにとってオアシスになっていたり・・・
私のなかで岡田准一の在り方が少しずつ
変わっていっているような気がします。

伊坂幸太郎さんとのラジオ対談もすごく
印象的で、刺激にもなりました。
地方で流れないのがすごく悔しかった!笑


准くんの成長には追い付けなくて、
楽しみというより次はなに!?と、
ハラハラどきどきしているくらいです。笑

ずーっとずーっと大好きです。
もののひとつひとつを、想いを、大切にしていきたい。

ハッピー・バースデー、准一さん。
 
Secret
(非公開コメント受付中)

Sweet theirs lines
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SweetGuests
Sweet Stories
SweetComments &ThanksbyLyna
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Profile

Lyna

Owner:Lyna

MySweetHeart:
岡田准一さん。
ぜんぶ、ぜんぶ、大好き。
あたしのハートが
盗まれたんだよぅっ。
もう何もかもが好きすぎて、
悔しいぐらい好きすぎて、
このひとから離れられません。
准一さんが大切にするものを、
わたしも大切にできたらいいな。
わたしが大切だと思うものを
准一さんも大切にしていることを
知ったときは、とってもうれしいよ。
動力。オアシス。充電。教訓。憧れ。

Cafe ふついちに
いらっしゃいまし。
負ける気がしねぇ。
東京には染まらねぇ。
ポスカム噛んだら鶴を折れぇ。
私もリュック大好きです。
そんな(?)気弱なおぅなぁ~に気軽に
声かけてやってください。
コメント・メール・リンク喜びます。
かまって頂けると喜びます。
お待ちしております。



ふついち2nd.Cafe
”Rena”のRealなココロ&闘い話。こちらのみに居座っているときもあります。どうぞお気軽にご来店くださいまし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。