2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Episode III-3 「特別警護を完遂せよ」
第7話
日時:2007年12月15日(土)
警護対象者:大橋正一(シルバー証券)
チーム編成:尾形、井上/石田、笹本、山本(24時間交代制)
逮捕者:---
詳細:

えーっっ!?でした。
次回予告が出てきて、昔の話に戻っちゃってる
ので、もうEpisodeIIIは今日で終わりなんだ・・・。
と思ってちょっぴり虚しかったです。
「SP」が始まった時に「護りきれないで終わる」
っていう話もあるのかな?って考えてたんだけど、
ハッピーエンドが多いみたいなので安心しきって
いました。ハッピーエンドが大好きなわけじゃない
しヘンな風に言うと刑事もの特有の虚しい感じも
好きです。けれどちょっと今回は悲しかったです。
大橋さんあのあと死んじゃったってことだよね。

最近疲れて&忙しくて音声解説めっきり聴けて
いません。大変ー。めもしておきたいのに。
第7話も覚えているのだけメモしておきますね。
忘れちゃいそうなので。。
第7話を見る前に土曜の夕方に30秒ver.の
予告CMを見て、どきどきしていました。
夕方までは井上君の「(車から)降りてください!
早く!!」が声の音だけだったのが、30秒ver.
ではそれを言う井上くんの顔まではっきり映って、
「こんなのなのかぁ!!」とはらはらどきどき
させられて、夜を楽しみに待っていました。

予想をはるかに超え、ハラハラしました。
見ましたか?井上くんが妄想し、気づき、追いかける
まで!気になるところでCMにいきましたねー。
あのCMに行くまでがストーリー的にもはらはら
するっていうのに、動きがスローに、あの音楽!
もう「ハラハラ」という言葉がぴったりとしか言い
ようがないくらいハラハラハラハラさせられました。
井上くんは警棒を出して誰と戦うのかな?と
思ってたんですが、投げるんだったんですねぇ。
「井上くん、届かないよ、エンジンかけるまでに届かないよ、
え?なんで警棒?あぁ、投げたぁー!そうやったんかぁー!」
てな感じで見させていただきました(笑)。
あの、警棒をシャキーンって出してから投げるまで
の形相(!?)は、井上くんというより岡田くんって
感じがしました。いっぱいいっぱいなときって素の
表情が出ますよね。
でも、あの表情だからこそ、すごく焦って急いでいる
感じがとーってもリアルに出ていて、好きでした。
まさか投げて気づかせるとは思ってもいなかったので、
井上くんかっこいー!と思っちゃいました(キャ)
警棒が車に当たったときのみんなの(特に笹本)反応がすごく
臨場感があったというか、こっちまで「びくっ」となりました。
それに、「降りてください!」と言われてすぐに
「降りるぞ」と言って降りるのが、私はすごく、
何故か「すごい!」と感動を覚えました。
井上くんを信用していないわけじゃないんだけど、
普通あの状況で車両で緊急避難だと言われたら
私が頭悪いだけかもしれないけど、降りるより車で
逃げた方が速いじゃないか!って咄嗟に思ってしまう。
だから降りてとか言われても何で?って聞きたくなっちゃいそう。
きっと私だったら車に何か仕掛けられているとも予測できないし
あのSP3人と井上との信頼関係がすごくいいんだなと思わ
されたし、「降りて」と言われて対応できる瞬発力って言う
のかな、即決力?それもあるなぁ、と思って、もうSPのひと
たちってかっこいい!すごい!とただただ感動しっぱなしでした。

井上くんは優秀なSPですね。
尾形さんに指示されていないのに
非常階段をチェックしに行った井上くん、えらい!
「車→エンジンをかけたら爆発→爆弾は車の下」
って判断できるのもすごい!
自分で爆弾処理しちゃうのもすごい!
あの車の下での演技はいろんな意味で
どきどきさせられましたよー。
できるだけ遠くに!と言ってひとりで犠牲になるかも
しれない井上くんがとってもかっこよく見えました。
(ねぇ爆弾処理班待ってちゃだめなの?って何回も問いかけてた私)
井上くんはフォトグラフィックメモリーをするうえに、
そこの画を止めて細かく見れるんだねー、すごい!
フォトグラフィックメモリーだから、当たり前か。
わたしたちがDVDを一時停止して観察したり、
ポスターや絵を細かく見るのと一緒なんだよね、きっと。
でも自分が映像を写真のように切り取って脳の中で
覚えているとしたら、曖昧なことが多いし、その写真を
頭のなかにおいて、細かく(車の下にある水溜りに
映る足まで)たどり着くことができないからなぁ。
フォトグラフィックメモリーの感覚をまだつかめてないです。

ビッグアップル?あぁ、ニューヨークの
俗称みたいに聞いたことがあるかも!
それにしても「人種のサラダボール」
って面白い言い方するなぁ、金城さん。

大橋の「目の持ち主」の話はずーんときました。
(「真面目なんだな」が気になった、笑)
私は大橋側ほどではないけど、
やっぱり、自分の小さい頃見て感じていた、
「こんな大人になりたくない」と思った大人に、
自分もなってはいないだろうか、なっちゃうのかな、
なってるのかな、って不安を抱いたり、時にそういう
大人になった方が楽だったりしたときを覚えてしまうと、
怖くなったり、不安になったりします。
でもその反面尾形や井上のような真面目さ
もあるので、自分にホッとしたり。
大橋に「娘の花嫁姿は見れると思うよ」と
無責任なことは言えないなと思います。
でも一瞬、決して適当になだめるつもりじゃなくて
希望のつもりなんだけど、「きっと見れるよ!」って
言っちゃいそうでした。。。^^;
SPはきっとそんな希望を持たせることも許されないのだろうなぁ。
わたしだったら適当なことを言ってくれればいいのにとは思わないけど、
このひとはずっとビジネスのなかでそういう会話を交わしてきたのだなぁ。

尾形に警護は終了だと告げられるシーン。
殺されるとわかっている人間を放っておくなんて、
SPでなくても普通の人間でもしたくありません。
それを、「護る」を極めるSPが言われ
たら、悔しくって、たまらないよね。。
ところでわたし、EpisodeIIの株取引とか、今回の
証券会社の仕組みとか、大橋を護るいきさつとか、
理解しようにも難しくて(^^;)できなかったんですけれども・・・。
”SP”はボディーガードと違って警察なのに、何で警察に
逮捕されるべき人を警護するんだろう?・・・って
理由はドラマ内で説明してたと思いますけど。(笑)
でもね、刑事さんが犯人の重要な証拠を
つかむためといっても不正なルートを使っての
証拠GETはだめだっていうじゃないですか。
それと同じで絶対にどんな嫌なやつでも護るSPでも、
犯罪をおかした人を護るなんてルール違反ですよねぇっ!
だから「特別警護」なのかな。さっさと逮捕しちゃ
えばよかったのに。いろいろあるんでしょうね。
つくづく社会ってむずかしいぃー。
普通のことを普通にすればゴタゴタがおきないはずなのに。
ハニカミ王子とか、若々しいフレッシュスポーツマン
とか、報道一筋のキャスターとかを見ていると、
みんながみんなこんな風になれば、不正も裏金も
なくなるのになーと思います。でもそれはそれで、
日本経済とか文化とか足りない部分が出てきて
大変なのだろうけど。
・・・いかんいかん、また深入りしてしまった。

尾形から警護終了だと伝えられたSPたち。
みんなピタッととまります。
警護終了だと言われた尾形と同じ反応で、感動。
尾形さんが石田のポケットにマネーをイン。
まさにポケットマネー?
みんなびみょーにマネーに反応していた気がする・・・(笑)特に山本。

都合のいいときだけ善人になる人はいる。
でもわたし個人の解釈では、あのひとはもう
善人に戻りかけていたと思います。
死にたくないのはもちろんだけど、
尾形さんに「信頼をください」と言われて以来、
やっと築き上げてきた信頼というものが
SPと大橋の間にわたしはあったと思う。
「お金か!?」と言ってしまった大橋自身も
自分でその間違いにハッと気づいたと思う。
悪気はなかったんだと思う、でも今までが
今までだけに、社会に出てそういう付き合い方
しかしてこなかったから、信頼しているひととの
付き合い方がわからなかったのだと思う。
あともう少しで、大橋をSPが護りきったところで、
信頼は完璧に成り立っていたはずなのに、
だからこそ悲しかったです。
大橋が最後に「尾形さん」と呼ぶ声が「尾形さんたち
しか信頼できるSPはいないのに」と聞こえました。
きっと尾形さんが紹介したボディーガードに連絡して新たな
信頼をつくるべきなんだろうけど、大橋は連絡しないんだろうな。

警護課では原川さんも尾形のことを心配していました。
ちょっと可笑しかったです(笑)
SPアイテムを机に並べる尾形から虚しさに近いものを感じました。
アイテムたちをザッと投げた瞬間にドキッとしました。
静かな怒りもあったんだ、とハッとさせられました。
きっと「こんなものがあっても護れないのなら意味がない」
みたいな意味があったのかなと思うのですが、
だからといって投げちゃうのが少しさみしくて、
そしたらそのさみしさをすくってくれるように仲間たちが
「大事にしなきゃだめじゃないですか、もう」(←想像)
って感じで拾ってくれたのには感動しました。
5人が映るカットには団結力と静かな怒りをますます感じましたよ。
・・・原川さんは帰っちゃったのかな?


★印象に残った言葉、シーン、カット★
先週くらいから、グリッドがまた進化してますよね!
今回のグリッドもかっこよかったです。今回好きだったのは、
「岡田准一」って出るときの井上くんの映像!
「堤真一」って出るときの尾形さんの映像!
どちらも音楽に合っていて、迫力が出て
かっこよかったです!ぞくぞくしました。
「人種のサラダボール」
「君たちの目は僕が大人になってから見てきた誰にも似てないよ」
「その連中と同じような目になってんだろうな」
「井上や尾形のような目の持ち主と結婚してほしい」
「法を犯すことにリスクがないとでも思っていたのか」
当たり前のことだけど、この言い回しはすごく的を得て
いて、胸がつかれるというか、ハッとさせられました。
井上くんが非常階段に入ったときに、
ぐるぐるぐる~とらせん状に映す(?)カットが好きでした。

そういえばちょっと前くらいから、エンディングが
予告ではなく、その回のダイジェストになりましたね。
でも、今回のエンディングのラストカットが
第7話にあった記憶がないんですけど・・・?
多分あったんですよね、また今度見てみます。
井上くんが1話のラストみたいにハッとして
涙を目に微量溜めているカットです。
1話のラストもそうですがあの表情が個人的にすごーく好きです。
 
Secret
(非公開コメント受付中)

Sweet theirs lines
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SweetGuests
Sweet Stories
SweetComments &ThanksbyLyna
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Profile

Lyna

Owner:Lyna

MySweetHeart:
岡田准一さん。
ぜんぶ、ぜんぶ、大好き。
あたしのハートが
盗まれたんだよぅっ。
もう何もかもが好きすぎて、
悔しいぐらい好きすぎて、
このひとから離れられません。
准一さんが大切にするものを、
わたしも大切にできたらいいな。
わたしが大切だと思うものを
准一さんも大切にしていることを
知ったときは、とってもうれしいよ。
動力。オアシス。充電。教訓。憧れ。

Cafe ふついちに
いらっしゃいまし。
負ける気がしねぇ。
東京には染まらねぇ。
ポスカム噛んだら鶴を折れぇ。
私もリュック大好きです。
そんな(?)気弱なおぅなぁ~に気軽に
声かけてやってください。
コメント・メール・リンク喜びます。
かまって頂けると喜びます。
お待ちしております。



ふついち2nd.Cafe
”Rena”のRealなココロ&闘い話。こちらのみに居座っているときもあります。どうぞお気軽にご来店くださいまし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。