2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
EpisodeΦ 「警護四係に合流せよ」
第8話
日時:2007年12月22日(土)
警護対象者:---(工藤)
チーム編成:---(井上、佐伯)
逮捕者:---
詳細:

エピソードゼロ。
別にこの回を特別楽しみにしていた
わけじゃないと思っていたけれど、
オープニングにゾクゾクしたのを、まだ実質1度
しか見ていない私も、今でも覚えています。
きっとなにかの雑誌で「エピソード0」と読んだ時に、
「ゼロってなにゼロって!」と、その謎が含まれて
いるようなタイトルにどきどきして、ずっと楽しみに
していた私がいたんだと思います。
オープニングはちょくちょく変わっていた(「Episode」の
表示位置とかキーボードに映る顔がその回のテロリストだとか)
と思うんですが、このオープニングには思わず
「っ・・かっこいー・・・!!」と口に出してしまった。
黒いバックで、本当にかっこよくて、制作側の気合が
どのくらいかはわからないし、私が思っているよりも
大きいか、もしかしたら私が思ってるよりは小さいかも
知れない。でもとにかく、気合が伝わってきた。
最後のあの、エピソードゼロの「0」に、シャッ!と
斜め線が入ったので締めくくられて、もうとにかく
かっこよかった。(あれは「Φ」と表して0と読むような
感じかな。それとも「Φ」は関係ないのかな。)

今回のアクションシーンは犯人の中に乳母車の人とか
掃除のおばさんとかがいるっていうのはCMで見た
次回予告でわかっていたんだけれど、それでもどきどきした。
乳母車のひとを先に止めようか、でも車が、車のなかに!
という感じはなかなかの緊迫感がありました。
カメラさんもうまいですねぇ。
トイレのドアが2つとも閉まっているのは明らかに怪しいですよね。
でもそれが、いつ出てくるんだろうなぁ・・・と
思ってたんですが、1人の人が出てきたときに
油断させてそこを狙う!というのがなるほどなぁ、
と思いました。
ゴミ箱チェックもするなんてぬかりないですねぇ。
言葉を発してはいけない様で、手をピースの形にして両目に
当てて、「見張っておこう」みたいな合図をしていましたね。
それから、らせん階段を駆け下りる際に爆弾に
気づいた井上くん。すごーい、優秀!(笑)
でもらせん階段を下りるとき最初は階段を見ないで
後ろを見て走ってたよ井上くん・・・。そこにあったら
どうするの?という細かいところに気づいてしまう
Lynaはいちいちうるさい小姑です・・・そしてそこに
なくて何歩か歩いた所にあるのがドラマらしいよね・・・(笑)
それとも訓練だから、易しいのかな?
掃除のおばさんは映し方で明らかに怪しいの
だろうなぁ・・と思っていたけれど、結局どこに
どう違和感があったのか私はわからないままでした。
例えば第1話では大男の足の引きずり方が
足を悪くしてる人の引きずり方じゃなかったんですよね。
掃除のおばさんはなんだったんだろう?モップがカギ?
音声解説を聴いたらわかるかなぁ。
ていうか、ラーメン屋さんに扮した人や乳母車をひく人が
犯人だとわかるなんて井上くんすごい!すごすぎるー!
乳母車の人は・・・乳母車を走らせる速さが
赤ちゃんを運ぶには乱雑すぎる?だったのかな?
SPさんたちには基本中の基本なんでしょうけれど、
ど素人丸出しのLynaはなるほど~なことばかりでした。

髪型のせいか、きちんと井上くんが初々しく
見えるのですごいなぁと思って見ていました。
特に尾形さんと話しているとき。
この前も話しましたが、
「闇に取り込まれそうになるんです」
「もがいてももがいても、そこから抜け出せないような、深い闇です」
(うろ覚えです)というのがやっぱり印象的でした。
このセリフが、やっぱり准くんの声に合ってる。

「正義のため」という堤さんの表情と、「それも嘘なんですね」
という准くんの表情、そしてこのやりとりが好きでした。
准くんが大好きな作家さんなので、金城さんの本は
絶対に読んでみたいと思っているのですが、准くんが
金城さんの本を好きと知ってから本を読む機会がなくて、
今に至ります。だから全て想像なんですが金城さんの
書く言い回しってこんな感じが多いのだろうなぁという
独特なというか、なにかこう、突かれるようなインパクト
のあるセリフが多いですよね。
小説家さんってみんなそうなのかもしれないですけど。
だから私は既に、金城さんの本を活字で読んだことも
ないのに、准くんが金城さんファンであることも忘れて、
金城さんの書く文にハマっていっているような気がします。
フライ、ダディ~のときは私が気づかなかっただけかも
しれないけれど、「SP」はとても小説的な言い回しが
多い気がします。これも金城さんが書く文を想像しての
思いですけど。今フライ、ダディ~を見ると、また感じ方が
変わってくるかなぁ・・・?
話は戻りまして、「嘘でもいいから正義のためとか
言ってみたらどうなんだ」(うろ覚え)という伏線から
きてるんですよね、ここのやりとりは。
尾形さんはここで井上の両親がテロリストに殺された
シーンを思い出しながら、その伏線を利用して(という
日本語は合ってるのか・・・?)「正義のため、かな」と
”嘘”をつくわけですが、あながち嘘ではないんですよね。
「正義のため」という言葉を使って本当の理由を
ごまかして(隠して?)いるだけで、嘘のような、
嘘じゃないような、この微妙な感じがとても好きです。
だからあの伏線はナイス!って感じでした。
それから、なんか准くんが日に日にまた演技が上手くなって
いる気がして・・・。嬉しいような悔しいような(笑)!

ここでひとつ小さな疑問。
尾形さんは井上の履歴書を読んで初めて知ったみたいな
顔しているけれど、もともと井上の両親が殺されたのは、
尾形さんはあの高校生(中学生?)のときから知ってるんだよね?
ていうか、あの子供がこの井上薫と同一人物だと
いうことを、尾形さんはいつ知ったんだろう?謎。

授業を受けている准くんとその風景がすっごく新鮮だった!
なんでだろう?って考えてみれば、私学生役の(学校が
舞台で、授業や部活シーンが何度もある感じ。)准くんを
一度も見たことがないかも!・・・多分。
井上くんの筆箱は黒くて四角い、ナイロンっぽいやつ。
男子がよく持ってるような(笑)感じでした。
一緒に授業受けてた生徒さんたちは今一体どこに
いるんでしょうか。同じ警護課でも、違う署?
SPが何よりも常に持っていなければならないもの。
「SPは逮捕する役目じゃない」のに、なぜか私は
「井上くん、手錠、手錠!」と思ってしまった(笑)
多分いつも井上くんが手錠を忘れてくることから来る条件反射です・・(笑)
信頼を持ち歩かなければいけないなんて、素敵ですね。
ていうか黒板に書いてあるじゃないですかー!

井上くん、ぽーっとしてて課の仲間から(山本だけ?)
反感買ってましたねー。
後半は、忘れてきたので(笑)今度追記にて書き足しますね。

1.16
 
Secret
(非公開コメント受付中)

Sweet theirs lines
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SweetGuests
Sweet Stories
SweetComments &ThanksbyLyna
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Profile

Lyna

Owner:Lyna

MySweetHeart:
岡田准一さん。
ぜんぶ、ぜんぶ、大好き。
あたしのハートが
盗まれたんだよぅっ。
もう何もかもが好きすぎて、
悔しいぐらい好きすぎて、
このひとから離れられません。
准一さんが大切にするものを、
わたしも大切にできたらいいな。
わたしが大切だと思うものを
准一さんも大切にしていることを
知ったときは、とってもうれしいよ。
動力。オアシス。充電。教訓。憧れ。

Cafe ふついちに
いらっしゃいまし。
負ける気がしねぇ。
東京には染まらねぇ。
ポスカム噛んだら鶴を折れぇ。
私もリュック大好きです。
そんな(?)気弱なおぅなぁ~に気軽に
声かけてやってください。
コメント・メール・リンク喜びます。
かまって頂けると喜びます。
お待ちしております。



ふついち2nd.Cafe
”Rena”のRealなココロ&闘い話。こちらのみに居座っているときもあります。どうぞお気軽にご来店くださいまし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。