2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
面白い!
わぁ、もう土曜日だよ!
SP終わっちゃうよ!今日を含めてあと2回
あるけれど、なんかもう今日が最終回って感じ・・・。
ていうか、一週間が速かった!
結局修理に出したHDDは返ってこなかった・・・。
新しいHDDはいろんな意味で心配。
ちゃんと録れるかな。10話だけ違うディスクに落とさなきゃなぁ。
しかも新しいHDD&新しいTVも買ったから、
地デジになった(私にとってはかなりニュースなことなのだが、
結局こんな地味な発表になってしまった。)ので
地デジは録画の上でなかなかややこしいなぁ。
あぁ、もう「10話」と言う2桁の響きもなお、寂しくさせるわい・・・。
もう、10話なのか・・・。

木曜日に、いろいろな雑誌を読んできました。
でも全部揃っていなくて、准くんの出ている雑誌を
全て読みきれていないだろうなぁという感じ。
今日は、そのなかかからSPに関連する雑誌の感想を。

テレビガイド
ネタバレ写真がありすぎ!
見る人によっては気にならないんでしょうけど、
次回予告にはなかった場面が・・・
ちょっと、いや結構気になって見ちゃったよぅ・・・。
井上くんがあの人を走らせるところとか、
井上くんがあぁなってるところとか・・・。
あの人が撃たれてるのとか・・・。
他は忘れちゃった。よかった。

テレビジョンやGyaoマガジンなども、
SP特集みたいなのが多かったです。
准くんはちょくちょくOKADA'MEMOとして出てきたり。

TV Japan
岡田准一×プロデューサー対談。
准くんや高井P、本広さんが言うことをを読んでいたら、
とにかく本屋で1人、どきどきしていました。
うわぁ、なんかもう終わりなんだぁ!って思ったし、
何かもう読んでるだけで最終回を見た気になった・・・
まではいかないけれど、なんかね、ネタバレじゃない
んですけど、こう「SP」世界が自分の中に本屋なのに広がるというか。
映画的なおわり方ってなに!(笑)
多分きっと見る人によってはすっきりしないんだ・・・。
アンフェアな終わり方と言うか。
サスペンス特有な終わり方?
「映画的な終わり方」って聞くだけで、すんごいすんごいどきどきする。
想像つかないけど、何か想像できちゃうような。あいまいに。
ネタバレとまでいかないんだろうけれど、これは知らない
ほうがよかったかも(笑)。とか思っちゃいました。
なんかねぇーSPは虚しさもありながら明るいものかな!
とか思ってたんですよ。違うんですねぇ、きっと。
はぁ~、なんかそれからしばらくSPな余韻に浸ってました。
准くんも高井Pも、パート2とかそういうことじゃなくて、
先のことより最終回に向けての今に、注目して欲しい、だそうです。
やれたらいいけど、高井Pが異動になるとかならないとか(笑)
高井さんは結局ゴーサインを出してくれる(笑)。
いろんな人の協力のもとに成り立ってるってことですね、「SP」は。

ついこないだ、私のなかに変化がありました。
私の映画好きは父に似たんだと思うんですが、
父は映画好きなんです。
だから絶対「SP」好きだろうなぁ!と思ってたんですが、
映画好きと言っても注目作品や流行には疎いので、
「SP」には気づいていなかったんですね。
夜は寝てるし(笑)
そしたらこないだたまたま私がエピソード0を見てるときに、
一生懸命護ってるのが、実は訓練だったというのや、
尾形と井上のシーンも見ていて、
先に井上のトラウマや西島さんが怪しいというのを
知ってしまったんです(笑)
父は途中から見てたので私は最初気にしてなかったんですが、
父も興味を示したようで、「しまったぁー!興味が
湧くんだったらここから見せるんじゃなかった!
ここから見せちゃいけないのにぃー!」と思って、
第1話から父に見させました(笑)
だって、エピソード0ってなんか特別で、そこからいきなり
見られるってなんか悔しくないですか!?(笑)今まで
見てきた人が見なくちゃ面白くないというか。

エピソード1から見せて、ちょうど父も用事があったので
エピソード2まで見せました。
見せました。というよりは、エピソード2-1を見て、
父が「早く早く!次!」って言うんです。(笑)
「つづく」と出たら次回予告もエンディングも飛ばして次に。
父は次々見れるからいいけど、私たちはこの続きを
1週間待ってたんだからね!という悔しさもありつつ(笑)・・・。
エピソード2-2の、井上くんがトイレに行くと言って
テロリストと戦うシーンが終わって「つづく」が出て、
「どうどう?」と訊いたら、面白くなってきた!と言っていました。
案の定、というよりは私が思っていた以上にハマっていました(笑)
エピソード2-3では、最後だったのでエンディングまで見てたんですが、
「あれ?この歌誰?」「もしかして岡田の歌?」と言い出して(笑)、
『岡田の歌』って・・・!と思いながら「良いけ~?」と
どきどきしながら訊いてみると「うん、いいじゃん」と
言ってました。こういうのって、嬉しいですよね!
エンディングに「V6」と流れるのを発見して、
「あ!やっぱりV6や!『ウェイ、オブ、ライフ』!~♪」と
楽しそうに出て行きました(笑)岡田の歌=V6(笑)。
それからちょうどこの日にHDDが修理に出されたので、
用事から帰ってきた父は、「SPは~?SPはぁ~?」と嘆いておりました。
それから「くそ~SPにハマってしまったなぁ」と言ってました。

ところで私の変化はというと、
准くんの出ている作品は面白いものが多いと
思うし、准くんの出ている作品は普段より作品を
深く読んでしまうんですね、私は。
「SP」は世間的にすごく評価されるなぁ、と思っていた
んですが、メディアで評価されるのに対して、
「そうだよね、そうだよね!」と思う私もいるんですが、
あぁ、そんなに「SP」ってすごいのかぁー。って時々思うんです。
「SP」が駄作だとか「そんなに面白くない」っていうことじゃないんですが・・・。
SPの視聴率を見て、「もっとあってもいいのに!」と思ったり、
「えぇ、こんなにあるのかなぁ!」と思ったり、そんな感じ。
私は「SP」の作り手側でも何でもないから、こんなことを
いうのおかしいってわかってるんですけど、私が面白いと
思っていても、人に「面白い」と言われると、謙遜してしまう。
私は面白いと思ってるけれど、それは准くんが出ているから
きっとそう思ってしまうのだろうし、みんながそう思っている
かはわからない。だから人に勧められない。
准くんが好きだから、「SP」という作品を客観的に見れないんですね。
というか、そろそろ見れていると思ってたんですが、
父とエピソード1~2を連続で見て、「SP」って
こんなに面白かったのか!!って気づかされた。(笑)
すっごい今さらなんだけど、本当に面白いですよね、これ。
あと、私がどれだけ准くんを見すぎてたかってことがわかった(笑)
なにかというと、きちんと見れているようで、全然尾形さんや
上のえらい人たちや、テロリストの言ってることを聞いてなかった。
「あぁ、こんなシーンあったんだ!」とか「ここはこういうことを
言ってたんだ~・・・」とかいうことがいっぱいあった(笑)
逆に、准くんが喋ってるシーンは驚くほど流せた。
ただ、アクションシーンは「こんな感じだったんだ」と
思うところもあった。
どれだけ夢中だったんだよ!(笑)って感じっす・・・。
初めて、「SP」を客観的に見れた気がする。
ほんと、「SP」って面白い。
これが、私の中での変化です。
偉そうだけど、もう自信を持ってこの作品を人に
勧められるなぁ、って感じの、変化です。
変化というより、進化?

とにかくもう、これ以来、今まで以上に「SP」が楽しみになった。
気づくのが遅くなってしまったけど、気づいてよかったなぁと思った。
 
Secret
(非公開コメント受付中)

Sweet theirs lines
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SweetGuests
Sweet Stories
SweetComments &ThanksbyLyna
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Profile

Lyna

Owner:Lyna

MySweetHeart:
岡田准一さん。
ぜんぶ、ぜんぶ、大好き。
あたしのハートが
盗まれたんだよぅっ。
もう何もかもが好きすぎて、
悔しいぐらい好きすぎて、
このひとから離れられません。
准一さんが大切にするものを、
わたしも大切にできたらいいな。
わたしが大切だと思うものを
准一さんも大切にしていることを
知ったときは、とってもうれしいよ。
動力。オアシス。充電。教訓。憧れ。

Cafe ふついちに
いらっしゃいまし。
負ける気がしねぇ。
東京には染まらねぇ。
ポスカム噛んだら鶴を折れぇ。
私もリュック大好きです。
そんな(?)気弱なおぅなぁ~に気軽に
声かけてやってください。
コメント・メール・リンク喜びます。
かまって頂けると喜びます。
お待ちしております。



ふついち2nd.Cafe
”Rena”のRealなココロ&闘い話。こちらのみに居座っているときもあります。どうぞお気軽にご来店くださいまし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。