2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
考えるより、行動すること。
今週のananはとても「う~む、なるほどー。」とうなずけるものでした。
准一さんの文章はいつもわかりやすい。
繊細な文章で、「ほ~」と惚れ惚れするときもあれば、
きちっと理路整然としている時とがある気がします。
ちなみに今回は後者に感じました。
でも時々、言ってる意味は何となくわかるけれど、話の
内容的に難しすぎて、私にはついていけないときがあります。
それは私の経験値の問題なのか、頭の回転の
問題なのか、年齢差の問題なのかはつゆ知らず。
でも私が今准一さんと同じ年齢だったら、絶対に同じ精神年齢では
ないだろう・・・と、何となく悲しいけど(笑)そんな気がします。

さて本題に。今回のテーマは
「プロの定義は考えるより、行動することで見えてくる」
私もつい少し前まで同じようなことを考えていたので
(ここまで深くはないけれど)改めてうんうんと思えることも
あれば、私の言葉に表せない気持ちを上手く言葉にしてくれて
(私のためではないのは重々承知です)気持ちがいいです。
私が少し前に考えていた時にもしこの連載を見ていたら、
そのときは上手く答えが出せていない時だから、
感動して即座にレジに持って行って、改めて准一
さんを人生の師匠として、すがっていたかも(笑)。

「プロ意識を持つということは前提であり、持っておくべき心構えであって」
うわー、うんうん。
「大事なのはそこから先、」
うんうん。
「どうこだわりを持って展開できるか。」
うほゎ~。うんうん。

准一さんの言ってることはすごいわかります。
私はまだきちんと働いて社会というものに出たことはないの
ですが、意識という面ではすごくそうだなぁ、と思います。
大事なのはそこから先だと思うし。
でも思うのは簡単であって、意外と心構えができても
そういうのを行動に移していくのが、准一さんの言葉で
言うと、どう展開していくのかが、難しいような気がします。
意識を持つことは前提だとわかっていても、それを持って
維持するのは社会人1,2年生には難しい気がする。
でもそれは単なる言い訳であって、社会では通じない
のだろうなぁ。仕事なんだから。商売なんだから。
わかるけど痛々しいお言葉でした(笑)。

「プロっていい言葉であり難しい言葉だと思う。」
おー!うんうん。
「説明する努力を怠って、プロという言葉を利用している感じがする。」
この言葉はずきーんときました。
「プロ」という言葉に限らず、紙一重みたいな言葉って
いっぱいある気がします。私も説明する努力を怠って、
言葉を利用している時が、ない気がしないでもないです。

「プロって自らが言うものではなく、人が見て
判断するものなんじゃないか、とも思う。自分の
中の意識として持っていればいいものなのでは。」
確かに。
あのひとはプロだなぁ~って言われたら、嬉しいなぁ~。
准一さんは、「プロ意識って何よ?」(←何よ、ってちょっと可笑しかった)
と聞かれたら、「責任を持つこと」と答えるそうです。
責任を持つって・・・重いよなぁ、でかいよなぁ・・・。
よく失敗したら責任は私が持ちますって言うけれど、
事が起こったからじゃあ辞任しますってそういうこと
じゃないと私は思います。本当はその、事を始動するに
当たって、例えば自分が責任を持って監督し続けるとか成し遂げるとか
そういうことだと思います。そして最後まで万全にして、終わらせること。
最近食品偽装でも政治家の色んな問題でも何でも、
責任をとる=辞めるみたいになっている気がして、なりません。
じゃあどうすればいいのかって今はそうするしかないのかも
しれないけれど。じゃあそしたら、辞めて、そこから先が問題だと
思います。辞めたから許されるのではなく、辞めて、今からどうするか。
責任を持つという立場にあまりたったことがないのでまだ「責任をもつ」と
いうことの実態も本質もよくわからないのですが、そんな気がします。
責任を持つって、すごい物理的にも精神的にも重いことだし、大変なことだと思います。
でも子育てと違って、食品を正しく管理すればいいものを、
お金を正しく管理すればいいものを・・・世の中
簡単な事が難しくなっていて、悲しいです。
といっても世の中いろいろ難しいのでしょうね、
それはわかっているんですが・・・これ以上
話すと長くなるのでこの辺にしておきます。


准一さんはあるとき、、「自分らしさがわからなくて・・・」と
相談された(!)そうです。
これに関しては准一さんの意見に激しく同感でした。

「あえて探すものでなく、目の前にあることを思いを込めて
本気でやっていくことで、いつしか”らしさ”の片鱗を感じ
られるかもしれない。それくらい果てしないことなんじゃないか。」

誰でも一度は通る疑問なのかな。
私も自分ってなんだろう、みたいなことを考えたことはあります。
でもそんなの考えたって探したって見つかるものじゃなくて、
そうやって葛藤していくうちに、ふとしたところで
見つかったりするものなのじゃないかと思います。
自分らしさがらしさが、って悩んでいるうちは悩んで迷って
しんどいかもしれないけれど、いつか、なんだっていいじゃないか
これが私だ!って思えるときがくるんじゃないかと思います。
あぁ、悩んでいた時が懐かしいなぁ、と思えるくらいの。
それがいつかなんてわからないし、実際いつ
自分が自分らしさを持てたとかなんてわからない。
それくらい、果てしないことなんじゃないかなぁ。
たどり着いても疑問や悩みってまた出てくるし、だから人生って
面白いんですよね。生きても生きても知らない自分が出てくるし。
一生死ぬまでわからないんじゃないかなぁ、人生って。
みたいなようなことも聞きますよね。神秘的な・・・。



「責任を持って、真摯に臨み続けることでやっと
その言葉の意味に近づける。そんな気がする。」

「取り扱いの難しい言葉だ。不十分な使い方であっても
それなりに効力を発揮してしまうから。言葉の持つ
操作性は時に恐ろしい。言葉の本質や定義を
理解せずに使うことの怖さを忘れないようにしたい。」

プロという言葉に限らず、何事も真摯に臨み続けることで
何かに近づける、自分は何かを得られる、と私は信じています。
世の中には自分よりも器用な人がいっぱいいて、器用なだけ
じゃなくて、呆れるくらい世渡り上手なひともいっぱいいる。
コンピュータ社会・デジタル社会が普通になってきている。
何で私だけこんなに頑張っているんだろうって虚しくなるときもいっぱいあります。
でもそんななかでも、きっとこんな風に汗水流して、
涙いっぱい流した私たちにしか得られない何かがあるって
私は信じていて、本当はそう思わないとやっていけない
という部分もあるけれど、そう信じて、生きています。

言葉というもの自体、取り扱いが難しい。
本質や定義がきちんと定められていても、人によって受け取り方が違う、
人によって定義が違っていてしまっているから、むずかしい。
でもそんなものを恐れていては、本当に大切なことも、
ふとした「ありがとう」「嬉しい」さえも言えなくなっていってしまう。
だから失敗することを恐れずに、私は言葉の力を信じて
発信し続けていきたい、と最近心から思っています。
誤解が生じてしまったら、そこで話し合って解り合えたら
一番よいのだけど、それが難しい世の中だから。
世の中世の中、って言わないで、そこに適応する
自分をつくることも大事だとも思うから。
だから、准一さんの言うとおり、理解せずに
使うことの怖さを忘れずにいたい、と思います。
素直に、だけどときどき選びながら、言葉って使っていけばいいのでは。
その選び方を間違えないように、自分の
理解力や知力(?)を上げていきたいものです。
ほんとは誤解やすれ違いによって結果、強い絆が生まれるときも
あるときもあるけれど、世の中いいことばっかりじゃないもんね。


今週はプロという言葉のお話でしたが、
「考えるより、行動することで見えてくる」という言葉など、
いろんなことに通じる話が多かったのでは、と思います。
特にわたしは行動したほうがいいってわかっているのに、
ついつい考え込んでしまう人なので、「ひー、そうなんだよなぁ・・」
と思いながら読ませていただきました。
考えるより、行動すること。うーむ。
自分が働き出して、プロとは、とかそういうことを考える
ようになったらまた、読み直したい言葉たちでした。

ていうか、この話は2nd.でしたほうがいいのか?
ananの連載の話はいつもどちらでしたらいいのか迷っている私です。
准一さんが頭を打って血だらけになったという話は
何度か目にしたことがあるのですが、血だらけって一体どんだけなんですか!?
本当に血だらけ?結構若いときですよねぇ?
これは多分伝説にはなっていない、と寂しい(笑)ことを
言っていたので、私の伝説にいれておきます、准くん。
 
Secret
(非公開コメント受付中)

Sweet theirs lines
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SweetGuests
Sweet Stories
SweetComments &ThanksbyLyna
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Profile

Lyna

Owner:Lyna

MySweetHeart:
岡田准一さん。
ぜんぶ、ぜんぶ、大好き。
あたしのハートが
盗まれたんだよぅっ。
もう何もかもが好きすぎて、
悔しいぐらい好きすぎて、
このひとから離れられません。
准一さんが大切にするものを、
わたしも大切にできたらいいな。
わたしが大切だと思うものを
准一さんも大切にしていることを
知ったときは、とってもうれしいよ。
動力。オアシス。充電。教訓。憧れ。

Cafe ふついちに
いらっしゃいまし。
負ける気がしねぇ。
東京には染まらねぇ。
ポスカム噛んだら鶴を折れぇ。
私もリュック大好きです。
そんな(?)気弱なおぅなぁ~に気軽に
声かけてやってください。
コメント・メール・リンク喜びます。
かまって頂けると喜びます。
お待ちしております。



ふついち2nd.Cafe
”Rena”のRealなココロ&闘い話。こちらのみに居座っているときもあります。どうぞお気軽にご来店くださいまし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。